2017アイキャッチバナー03

タグ:緑橋

  • 2016/11/25故障しないランニング

    マラソンを走っていて、首から背中や肩に痛みや疲れがでませんか?のパート2です。以前書きました、マラソンを走っていて、首から背中や肩に痛みや疲れがでませんか?の検索が多いんで、ご自身で出来る対策を少し書いてみようかと思います。殆どの人が、マラソンを走っていて首から背中や肩に痛みや疲れがでる場合、走っている最中に無意識に力が入っているケースが多いです。それ以外に力が入る場合は、頑張って腕を振ろうとして...

    記事を読む

  • 2015/08/08未分類

    LINEからの相談お問い合わせこちらをクリックしてくださいクリックすれば当院LINEをフォロー、ご相談お問い合わせができますLINEでのご相談お問合せ24時間受付してます電話からの相談お問い合わせ”ホームページ見ました”と気軽にお電話下さい...

    記事を読む

  • 2015/08/08未分類

    LINEからの相談お問い合わせこちらをクリックしてくださいクリックすれば当院LINEをフォロー、ご相談お問い合わせができますLINEでのご相談お問合せ24時間受付してます電話からの相談お問い合わせ”ホームページ見ました”と気軽にお電話下さい...

    記事を読む

  • 2015/08/08未分類

    LINEからの相談お問い合わせこちらをクリックしてくださいクリックすれば当院LINEをフォロー、ご相談お問い合わせができますLINEでのご相談お問合せ24時間受付してます電話からの相談お問い合わせ”ホームページ見ました”と気軽にお電話下さい...

    記事を読む

  • 2015/08/08当院のご案内

    ●柔道整復術当院はオリジナルの整復術を中心とした技術を活用しています。整復とは皆さんに馴染みのない言葉と思いましたので調べてみました。整復とは”関節の脱臼や骨折などで生じた骨の異常を、手を用いて正常な位置へ戻す操作”と大辞林には載っており、その整復術を活用し当院では施術しております。肩・肘・膝・手、足首など関節のケガやトラブルのせいで日常生活にスポーツにと我慢している方も多いはず。関節に強い当院で元...

    記事を読む

マラソンを走っていて、首から背中や肩に痛みや疲れがでませんか? パート2

マラソンを走っていて、首から背中や肩に痛みや疲れがでませんか?のパート2です。
以前書きました、マラソンを走っていて、首から背中や肩に痛みや疲れがでませんか?の検索が多いんで、ご自身で出来る対策を少し書いてみようかと思います。

殆どの人が、マラソンを走っていて首から背中や肩に痛みや疲れがでる場合、走っている最中に無意識に力が入っているケースが多いです。それ以外に力が入る場合は、頑張って腕を振ろうとしているケースも見受けられました。
と言うことで、力が入ってしまって首から背中や肩に痛みや疲れがでる場合についてになります。

フルマラソンで一般に速い人でも3時間ほど掛かり、首から背中や肩に痛みや疲れがでる人は、走っている間の数時間をほぼ継続して、無意識に首から背中や肩に力を入れ続けているからです。
単純に考えていただいても、3時間以上力を入れて手を握ったままだと、手から腕が痛くなったり疲れたりするのが分かるのではないでしょうか。

では、首から背中や肩に力が入っている姿勢とはどのような姿勢なんでしょうか。
見た目では、胸を張って上腕を引いた状態です。少し専門的な言葉になりますが、関節可動域で言うと肩甲帯を挙上伸展位を各10°くらい、肩部を伸展20°くらいになっていると思われます。こちらの言葉をネットで検索していただくと、理解しやすくどのような姿勢になっているか分かるかと思います。
パッと見はいい姿勢には見えるでしょうが、走っていて痛みや疲れが出るようでしたら、あなたにとっては悪い姿勢になります。
マラソンを走っていて痛み疲れが出ず、あなたにとって力まずリラックスした姿勢がいい姿勢だと思いませんか。

では、次回に実際どのようにしてご自身で対策をするかを書いてみたいと思います (*^-^)ニコ



ペンを握ったり、スマホ、パソコンマウス、ゲームコントローラーを使うと
 親指が曲げ辛く痛みがでる方

物を持とうとすると、親指や手首が曲げ辛く痛みが走る方
肘を曲げようとしたり、逆に伸ばそうとすると肘に痛みが走ったり
 違和感の出る方

手を挙げようとすると、肩の動きが悪く挙げづらかったり、挙げると
 肩の痛みが伴う方
首を動かそうとすると、片側の首から肩の筋肉の張りが強く
  動かしづらかったり、動かすと首から肩への痛みが伴う方
無理をしていないのに、膝裏やふくらはぎが張ったり痛む方
何もないところでつまづいたり、足首を捻挫しやすかったりして
 足首に違和感や痛みのある方

・バネ指 ・腱鞘炎 ・野球肘 ・テニス肘 ・ゴルフ肘 ・野球肩

・足底腱膜炎 ・シンスプリント ・ジャンパー膝 ・オスグッド

こちらに挙げさせていただきました例につきまして、
比較的、少ない施術回数で終えられる傾向があります

LINEからの問い合わせ
友だち追加数

お電話からの問い合わせ
06-6232-8129


※また上記以外の症状でお悩みの方も、お気軽に問い合わせして下さい


スポンサーサイト

LINEからの相談お問い合わせ
友だち追加数
こちらをクリックしてください
クリックすれば当院LINEをフォロー、ご相談お問い合わせができます
LINEでのご相談お問合せ24時間受付してます

電話からの相談お問い合わせ
電話番号2017
”ホームページ見ました”と気軽にお電話下さい



LINEからの相談お問い合わせ
友だち追加数
こちらをクリックしてください
クリックすれば当院LINEをフォロー、ご相談お問い合わせができます
LINEでのご相談お問合せ24時間受付してます

電話からの相談お問い合わせ
電話番号2017
”ホームページ見ました”と気軽にお電話下さい



LINEからの相談お問い合わせ
友だち追加数
こちらをクリックしてください
クリックすれば当院LINEをフォロー、ご相談お問い合わせができます
LINEでのご相談お問合せ24時間受付してます

電話からの相談お問い合わせ
電話番号2017
”ホームページ見ました”と気軽にお電話下さい



施術のご案内

●柔道整復術


肩整復02当院はオリジナルの整復術を中心とした技術を活用しています。

整復とは皆さんに馴染みのない言葉と思いましたので調べてみました。整復とは”関節の脱臼や骨折などで生じた骨の異常を、手を用いて正常な位置へ戻す操作”と大辞林には載っており、その整復術を活用し当院では施術しております。

肩・肘・膝・手、足首など関節のケガやトラブルのせいで日常生活にスポーツにと我慢している方も多いはず。関節に強い当院で元気に動ける体を手に入れませんか。

●筋バランス神経調整


大腿直筋テスト01皆さんは、ご自身の身体は自由自在に動かせていると思ってられるはず。でも殆どの方が動かせません。
元十種競技日本チャンピオンの武井壮さんのお話では、10歳の頃には身体を自在に動かせないのに気付き自分自身の身体を自在に動かすトレーニングをされていたそうです。それが今では”パーフェクトボディコントロール”理論となり、日常では普段の動きを意識して行ったり、またスポーツでは、沢山練習する前に自分自身の身体を動かす技術を上げ”頭で描いた動き”と”実際にやっている動き”とのズレを無くしていくようにトレーニングするよう提唱されています。

それがトレーニングも無しである程度出来るようになれば・・・・
当院ではテープなどを利用し筋肉を神経的に刺激して、頭からの命令に対し筋肉が反応するよう施術します。身体の変化としましては動きのキレが良くなり動きやすくなる。同じことをしていても身体が楽に感じるなどです。
ただ、ボディコントロールのことなので体感するしないには個人差があります。効果を実感しやすいのはマラソンなど個人スポーツなどで”普段と同じように走っていたのにタイムアップした”、”いつもより楽に完走できた”などコメントをいただいてます。

ここぞと思われる大会やタイムを狙うといった時、また定期的に施術をして普段から身体のキレを上げておきたいと思われている方、自在に動ける身体を手に入れませんか!
Copyright © 森ノ宮 雅整骨院  ~ランナーな院長~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます