マラソンを走っていて、首から背中や肩に痛みや疲れがでませんか?のパート2です。
以前書きました、マラソンを走っていて、首から背中や肩に痛みや疲れがでませんか?の検索が多いんで、ご自身で出来る対策を少し書いてみようかと思います。

殆どの人が、マラソンを走っていて首から背中や肩に痛みや疲れがでる場合、走っている最中に無意識に力が入っているケースが多いです。それ以外に力が入る場合は、頑張って腕を振ろうとしているケースも見受けられました。
と言うことで、力が入ってしまって首から背中や肩に痛みや疲れがでる場合についてになります。

フルマラソンで一般に速い人でも3時間ほど掛かり、首から背中や肩に痛みや疲れがでる人は、走っている間の数時間をほぼ継続して、無意識に首から背中や肩に力を入れ続けているからです。
単純に考えていただいても、3時間以上力を入れて手を握ったままだと、手から腕が痛くなったり疲れたりするのが分かるのではないでしょうか。

では、首から背中や肩に力が入っている姿勢とはどのような姿勢なんでしょうか。
見た目では、胸を張って上腕を引いた状態です。少し専門的な言葉になりますが、関節可動域で言うと肩甲帯を挙上伸展位を各10°くらい、肩部を伸展20°くらいになっていると思われます。こちらの言葉をネットで検索していただくと、理解しやすくどのような姿勢になっているか分かるかと思います。
パッと見はいい姿勢には見えるでしょうが、走っていて痛みや疲れが出るようでしたら、あなたにとっては悪い姿勢になります。
マラソンを走っていて痛み疲れが出ず、あなたにとって力まずリラックスした姿勢がいい姿勢だと思いませんか。

では、次回に実際どのようにしてご自身で対策をするかを書いてみたいと思います (*^-^)ニコ



ペンを握ったり、スマホ、パソコンマウス、ゲームコントローラーを使うと
 親指が曲げ辛く痛みがでる方

物を持とうとすると、親指や手首が曲げ辛く痛みが走る方
肘を曲げようとしたり、逆に伸ばそうとすると肘に痛みが走ったり
 違和感の出る方

手を挙げようとすると、肩の動きが悪く挙げづらかったり、挙げると
 肩の痛みが伴う方
首を動かそうとすると、片側の首から肩の筋肉の張りが強く
  動かしづらかったり、動かすと首から肩への痛みが伴う方
無理をしていないのに、膝裏やふくらはぎが張ったり痛む方
何もないところでつまづいたり、足首を捻挫しやすかったりして
 足首に違和感や痛みのある方

・バネ指 ・腱鞘炎 ・野球肘 ・テニス肘 ・ゴルフ肘 ・野球肩

・足底腱膜炎 ・シンスプリント ・ジャンパー膝 ・オスグッド

こちらに挙げさせていただきました例につきまして、
比較的、少ない施術回数で終えられる傾向があります

LINEからの問い合わせ
友だち追加数

お電話からの問い合わせ
06-6232-8129


※また上記以外の症状でお悩みの方も、お気軽に問い合わせして下さい


スポンサーサイト